Home >  太陽光発電の有効活用 >  農地転用ソーラーシェアリング >  ソーラーシェアリングの利点と課題 ...

ソーラーシェアリングの利点と課題

今後ますます普及・関心が高まっていくと予想されるソーラーシェアリングの取り組みですが、現状におけるその利点と課題が下記のように挙げられています。

■利 点

農作物は収穫して初めて収入になるが、発電は月収のように一定の収入を得られる。
農地は元々日当たりのよい場所であるため、太陽光発電とは相性抜群で安定した発電を見込める。
農業機械などは燃料コストが高いため、今後はEVやハイブリッドカーの応用・開発が農業機械でも導入されるようになれば、太陽光発電で作った電気で機械を充電し、操縦することが可能になる。
バイオマス燃料等とも組み合わせることで里山においてエネルギーを効率よく回すことができ、農業も発展していくと思われる。
減反地域、耕作放棄地なども有効活用できるので、売電という増収は安定収入にもつながり、Uターン・Iターンの促進にもつながる。また人口が増えれば農業以外のサービス業や地元産業も活性化し、雇用の創出にもつながると思われる。

ソーラーシェアリングの普及【出典】「農作と太陽光発電を両立させるシステムの事業化可能性調査」
(http://www.d3.dion.ne.jp/~higashi9/tiken3.pdf)

■課 題

3年に一度更新のための許可を得なくてはならない。設備投資費用が大きいため、20年間継続して続けられるか不安の声がある。
農業の維持拡大を目指しているが、今後買取価格が下落していくと予想される状況で早期普及を行うためにも、許可のハードルを下げていくことが必要である。
一部の農家を除いて、制度の認知が低い。積極的に導入できるようにするためにも安心して設置ができる業者が必要である。

Copyright(c) 2016 TADEC.INC All Rights Reserved.