Home >  太陽光発電の有効活用 >  農地転用ソーラーシェアリング >  ソーラーシェアリングへのタデックの取組み ...

ソーラーシェアリングへのタデックの取組み

■現在株式会社タデックが取り組んでいる主な太陽光発電所

太陽光発電所

■朝陽ヶ丘太陽光発電所(愛知県常滑市)のご紹介

朝陽ヶ丘太陽光発電所(愛知県常滑市)では、当初、耕作ができないほど荒廃してしまっていた農地でしたが、太陽光発電設備の設置に伴い、農地としての再生に取り組み、再度営農することが可能になりました。太陽光パネルの下部では、試験的な取組として、今後タマリュウ等を栽培予定です。 
また、本発電所の設置に伴い、地域貢献策の一環として、停電時にも利用可能な蓄電池付きの太陽光発電照明や水素水サーバーの寄付等を行っています。

着工前の現場写真→太陽光パネル設置後の現場写真
着工前の現場写真→                  太陽光パネル設置後の現場写真

空からの位置写真

朝陽ヶ丘太陽光発電所

■小掠緑化殿497kW 太陽光発電設備

空からの位置写真
2012年6月末完成 2012年9月発電開始 太陽電池 2,160枚=出力 497kW
かねてより、タマリュウ栽培の経験・造詣があり、ソーラーシェアリングが実現した。

太陽光パネル

太陽光パネル

■タデック菰野町49.5kW 太陽光発電設備

太陽光パネル下
現在、パネルの下では…なす、ししとう、ピーマン、とうもろこし、かぼちゃ、きゅうり、すいか、トマト、ミョウガ、里芋など栽培中

太陽光パネル下

(間引きされらパネル下に日が射す様子)

ソーラーシェアリングの利点と課題 ≫

Copyright(c) 2016 TADEC.INC All Rights Reserved.